SODお客様相談室/0120-359-390/受付時間/平日9時〜18時 土日祝休み

丹羽医学博士

丹羽医学博士
丹羽耕三

1932年大阪に生まれる
1962年、京都大学医学部卒業。医学博士
丹羽免疫研究所所長
医療法人修命会 
土佐清水病院院長

開発者丹羽医学博士が語る活性酸素がもたらす健康被害

活性酸素は老化を促進させる働きもあります。通常、この活性酸素は体内の酵素(体内の活性酸素を除去する機能を持つ酵素)によって取り除かれますが、この酵素の発生能力には個人差があり、また40歳を過ぎると、その機能は低下し始めます。体内にこの酵素が少なくなると、 健康維持に支障をきたすことになります。

活性酸素とSODの研究を臨床家として1970年代から手掛け、当分野の世界的権威。SODなどの生体防御の研究論文が「Blood」をはじめとする著名な国際医学誌に発表され、その数、70編を超す。国際医学専門誌「Biochemical Pharmacology」への投稿論文の審査員でもある。

国内では、厚生労働省難病班員として、色々な病状を研究。これら治療に関して、特殊なSOD製剤をフランスのMichelson博士から譲り受け、その治療にフランス、Michelson博士のSOD血液製剤を用い成果を上げ、丹羽博士自身、経口摂取できるSOD様作用食品等の開発に着手。自然の植物・穀物より独自に加工した製剤の製造に成功し、日本をはじめ、世界10カ国で製法特許を取得している。

また、院長を勤める土佐清水病院はアトピー治療で有名で、本院をはじめ、全国10ヶ所の診療所には、全国から多くの患者が訪れている。一方で、医師を対象にしたアトピーSOD研究会を主宰し、現在100人を超える会員医師たちにより、全国に丹羽療法が広まっている。近著、「がん治療『究極の選択』」(講談社プラスα新書)ほか著書多数。

SOD様作用食品の類似品にご注意ください。
原料・加工方法も異なり国際製法特許で加工しているSOD様作用食品とは効果が全く違い、臨床データの確かな3種の特許製法を施さない類似品は効果に疑問がありますのでご注意ください。
当商品は、丹羽博士が開発したSOD様作用食品です。類似品かどうかに関するお問合わせは下記までお願い致します。

活性酸素研究会 TEL: 03-5978-5008