SODお客様相談室/0120-359-390/受付時間/平日9時〜18時 土日祝休み

SODとは

現代人を悩ませる多くの病気、健康の問題。しかし人間は(動物も)もともと、呼吸をするだけでも活性酸素が体内に発生してしまうのです。この増え過ぎた活性酸素を除去してくれるのがSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)なのです。じつは、このSODも、我々は自らの体の中で作って活性酸素の害から身を守っています。

ではなぜ、今、大きな問題となっているのか・・・。

現代社会は大気など環境汚染、ストレス社会等々、活性酸素を過剰に発生させる原因に満ち満ちています。これに、体内でのSODの生成が間に合わず、成人病などが引き起こされていると考えられているのです。その上、SODの生産能力は加齢とともに低下し、40歳代頃からSODを作る力が極端に衰えてくるのです。そこで、SODの代わりをする物質を多く含んだ食品を『SOD様作用食品』が注目されているのです。


健康・美容・若さの秘訣SOD

除去する酵素として「SOD」がクローズアップされています。活性酸素と健康のカギを握る「SOD」って、いったい何なのでしょうか?

活性酸素ってなあに?

活性酸素とは、元来、人間も含めた動物・植物の体内にあってバイ菌や有害物質が侵入してくると、これを殺して(溶解させて)体を守る役目をする科学物質です。しかし、この有り難い活性酸素も、必要以上に増えてしまうと、その強い殺菌作用で、逆に正常な細胞を攻撃します。

活性酸素イメージ”!?

活性酸素は血液中の脂質と結びついて 活性酸素と血液中の関係。

活性酸素を除去するSOD

人間・動物・植物の体内には、増えすぎた活性酸素を除去するはたらきを持つ酵素があります。それがSODです。 SODはSuper Oxide Dismutase(スーパー・オイキサイド・ディムスターゼ)の頭文字をとったもので、「活性酸素を取 り除く働きをする酵素」という意味。しかし、体内のSOD酵素の働きも40歳を境に低下し、50歳ではさらに急速に落ちて きます。

どんなとき、活性酸素が増えるの?

活性酸素が増える大きな原因が環境問題やストレスです。私たちの身の回りは化学物質、大気汚染、排気ガス、水 道水、紫外線、放射線、電磁波、化学薬品、たばこ、残留農薬、食品添加物、新建材と、活性酸素が増えやすい環境 に囲まれています。このため、体内のSODだけでは間に合わないというのが現状なのです。

不足したSODを手軽に補う、夢の食品

そこで、特殊製法により、世界にさきがけて、より手軽に、効果的に増えすぎた活性酸素を取り除く 食品が開発されました。それが[SOD様食品]なのです。